全経簿記

上級なら問題集とか書店で扱っていますが、
全経は1級以下の問題集は都内でも大きい書店で見かける程度です。
全国経理教育協会自身が出しているA4サイズの過去問題集を
会計、工業簿記とも購入しました。


但し、以前に書きましたが仕事のほかに家族の世話もしているため、
満遍なく解いている時間はなく、会計は仕訳の部分、
工業簿記は原価計算の部分のみ、時間をかけずに消化した程度です。


尚、解説はあまり丁寧ではない様に思えます。
普段は気にしませんでしたが、資格スクールや
資格用の参考書・問題集を出版している会社の問題集のありがたみが
微妙にわかった気がしました。


日商2級と比較して、会計(商業簿記に相当します)は、
深さは変わらないものの、範囲は明らかに広いです。
会計学や連結などを日商2級の難易度で出てくる感じです。
逆に、工業簿記は日商2級の工業簿記よりやや易しい感じでした。


総合的に考えて、日商2級より少しだけ難しい程度ですかね。
会計、工業簿記両方70点以上必要ですし。


合格証書の交付については、試験会場ごとに異なり、
自分の受けた会場についてはよくわからないので、
現在確認中です。
全国経理教育協会は、今回より受験状況をWEBで管理できるようにしたらしく、
合格に関する情報も各自が登録したWEBで見れると、
当日聞いたので、合格証書の受け取りも全部表示されると思ったので、
会場で特に気にせず帰ってきてしまいました。


次回以降に受験を考えている人は、こういう事はしないで、
会場でよく確認してくださいね(笑)

全経簿記1級

直前まで悩みましたが、一応行ってきました。


まともにやっている時間がなかったので、
過去問題集を見て、仕訳に最低限対応出来るように、
わずかに対策を取っただけで、ほとんど何も出来ませんでした。


会計、工簿ともそれなりに出来たとは思いますが、
両方70点以上かどうかはわかりません。


今回は疲れました、色々と。